慢性鼻炎に点鼻薬は有効か?

慢性鼻炎になると、点鼻薬の効果はほぼ無いと考えてもいいでしょう。

今まで数多くの点鼻薬を試されて、それで新しい点鼻薬をお探しだとしたら、点鼻薬は気休めでしかありません。

まずは、どんな点鼻薬であったとしてもステロイド点鼻薬しかお勧めできません。

いろんな理由を含めまして、慢性鼻炎と点鼻薬の関係をまとめてみました。

市販薬はコンタックの鼻炎スプレーが有効!

市販薬の鼻炎スプレーの特徴として、ほぼ必ず血管収縮剤というものが添加されています。

この血管収縮剤は、ひどい鼻づまりを無くし、鼻腔の空気の通り道を確保してくれるという、優れた効果があります。

ところが、なんども使いすぎると、腫れがバネのように元に戻ってしまい、その後、血管収縮剤でなんとかしようとしても治らなくなってしまいます。

たいてい困り果てて耳鼻咽喉科に相談すると、ほぼ確実に、

「それは君が悪いよ!すぐに血管収縮剤を止めて、ステロイド点鼻薬にしなさい!」

と怒られます。

ですので、血管収縮剤が入った点鼻薬は充分に気をつけてくださいね。

成分表に、ナファゾリン、テトラヒドロゾリン、という「ゾリン」と書かれたもの確実に血管収縮剤になります。

それ以外にもあるようですが、とくにこの成分には注意してください。

他にどんなものがあるの?

病院ではほぼ確実にステロイド点鼻薬が処方されます。

アラミスト、ナゾネックなどが主流かと思いますが、今後も副作用が少ないステロイド点鼻薬は耳鼻咽喉科で処方される点鼻薬として王道になるでしょう。

変わりものですが、「ザジテンAL鼻炎スプレー」というものは血管収縮剤が使われていません。

ステロイドに関しても記載がないので、おそらく入っていないのかと思いますが、個人的にはそこまでの効果が無かったような気がします。

ただ、他の点鼻薬に比べて少々高いので、効果があるのか?と思い試したのですが、2週間ぐらい使って、結局、耳鼻咽喉科でステロイド点鼻薬をもらってきた記憶があります。

もちろん、体質もありますから、機会があれば試してみてくださいね。

点鼻薬では治らない!?

点鼻薬で症状が緩和されるものの、再発したというケースはよくあります。

ぼくも長年ステロイド点鼻薬を使っていて、医師から、

「あまり薬漬けもよくないから、少し薬をお休みしましょうか?」

と言われたこともありました。

結局、再発してしまい、どうしたら良いのか困ったところ、鼻うがいで症状が緩和されたこともありました。

その後、鼻うがいにはまり、このサイトでも鼻うがいを積極的に勧めていましたが、前頭洞に巨大な鼻茸を作ってしまい、手術後鼻うがいも止めました。

それからまた悩み、新型の空気洗浄機を購入し現在に至ります。

なんでステロイド点鼻薬ではダメなのか?と言いますと、基本的に鼻は異物が入ってきたら、鼻水やくしゃみで外に出そうと生理現象が働きます。

ステロイド点鼻薬はそれをおさえる対処療法薬でしかありません。
(血管収縮剤を含めて、他の点鼻薬も対処療法薬になります。)

鼻にステロイド点鼻薬を噴射しても、時間が経過すると効果が薄くなり、とにかくゴミを外へ外へと出そうとします。

鼻からゴミを出す生理現象は当たり前のことですから、その行為を薬で押さえ込むよりも、鼻うがいで洗い流すことも1つの答えかと思います。

ただ鼻うがいは、鼻に水(生理食塩水)を入れるので、間違って水が逆流すると、耳に入って中耳炎になったり、ぼくのように副鼻腔に入って鼻茸を作ってしまったり、これはあるのかどうか分かりませんが、気管支炎になることも考えられます。

ですから、よく鼻をかみ、その後は空気中のゴミが少ない場所を作ってやって鼻を休ませてやることが大切なのです。

そのために空気洗浄機が大事なんですね。

最終的には薬を止めること。

アレルギーは年々増加傾向にあるため、今後も花粉症やハウスダストによるアレルギー性鼻炎に悩む方が増えていくかと思います。

ぼくたちの体は、病原菌や異物が入り込むと攻撃をするという仕組みがあり、これらの細胞のおかげで体を健康に保ってくれるということがあります。

ところが病原菌よりも異物(アレルギーのこと)に感じやすい体質になっており、風邪になりやすく花粉症にもなりやすい体質に変化してしまっているんですね。

25年以上続く慢性鼻炎の悩みを解決できたものはぼくにしてみたら大きなものでした。

一度、アレルギーになってしまった抗体を取り除くことは不可能ですが、激しいくしゃみや鼻水、鼻づまりを考えるとするのなら、今後大きな力になるのかと思います。

詳しくはコチラ