慢性鼻炎にアレグラは有効なのか?

春先の季節になると、花粉症、アレルギー鼻炎、そしてアレグラ。

それぐらいアレグラは一般的なものになりました。

アレグラの特徴は、眠気の少ない花粉症の薬と言われており、眠気が少ない花粉症の薬としてはダントツ1位でしょう。

ただこれは眠気が少ない薬の場合だけになります。

アレグラは効果がないと噂されている?

じつはアレグラは効果が薄い、もしくは無いという話が昔から言われています。

その理由は花粉症の薬(抗ヒスタミン薬)の特徴として、薬の効果が強ければ強いほど眠くなり、逆に効果が弱くなれば効果が薄くなるとされています。
(googleで「抗ヒスタミン薬」という検索キーワードを画像検索すると、各花粉症薬の眠気や効果をグラフ化したものが専門家が説明していますので、そちらをご覧ください。)

これに関しては個人差がありますので「アレグラは効果があるよ!」という方もいらっしゃるでしょうが、
アレグラは花粉症の薬としては効果が薄く、逆に効果が高い薬はたくさんある、ということです。

アレグラはなんで処方されやすいのか?

病院にいくと必ず最初はアレグラが処方されませんか?

アレグラはたしかに効果が薄いということもあるのですが、副作用が少ないというメリットが高いからなんです。

さきほども申し上げた通り、花粉症の薬(抗ヒスタミン薬)は眠くなるという副作用が強く働くため、昔からこれは問題とされていました。

そのため最も効果が高いとされる成分、クロルフェニラミンマレインという成分がありますが、他にも興奮系の成分を混ぜたりして販売されてきました。

色々混ぜれば他にも副作用を起こしやすくなるもので、ヒトにより色んな症状(吐き気、倦怠感、頭痛、息切れなど)も起こりやすくなります。

効果があるけど、弱くても問題ないし、むしろ眠気が少なければ気軽に飲めるということからアレグラが処方されやすいのでしょうね。

もちろん「アレグラでは効果がないから強い薬がほしい」といえば、医師にもよりますがそれなりに処方してくれます。

抗ヒスタミン薬から眠気が少ないアレグラのような第二世代抗ヒスタミン薬が開発されたのもそういうことがあるからなんですね。

アレグラの他にどんな薬があるのか?

アレグラは眠くならない代わりに効果が薄い薬と言われていますが、逆に効果が強い薬は昔からありますし、わりと安価で手軽に手にはいります。

こんな薬はどうでしょうか?

・鼻炎薬A「クニヒロ」
昔からある花粉症の薬。強い成分であるクロルフェニラミンマレインが配合され、水のような鼻水をおさえる成分ベラドンナ総アルカロイドも配合されています。ベラドンナ総アルカロイドは、ダラダラと流れる透明の鼻水に有効です。原因は副交感神経が優勢のときに起きると言われているので、朝目を覚ましたときにダラダラと水のような鼻水が流れた時に効果があるということになりますね。

鼻炎薬A「クニヒロ」はアマゾンで800円程度ですので、アレグラの半値ぐらいでてにはいります。

もし気になるようでしたら是非試してみてくださいね。

2017年12月21日 慢性鼻炎にアレグラは有効なのか? はコメントを受け付けていません。 アレルギー性鼻炎