アレルギー性鼻炎の治し方とは?

アレルギー性鼻炎そのものを治すことはできませんが、
避けることで鼻水やノドの不快感(後鼻漏)を治すことができます。

アレルギー性鼻炎はアレルギーになる異物(アレルゲン)が鼻に入った時に発症します。

代表的な病気として、花粉症がありますね。

花粉症も花粉が来る前から鼻炎治療薬を飲んだり、
レーザー手術で粘膜を焼くことでなりにくくはなります。

病気そのものを感じさせない治療法なので、
時期がすぎて次の年になればまた発症するようになります。

つまり、その繰り返しになるのですが、

「風邪もインフルエンザも毎年あるから、それでイイんじゃない?」

というのがアレルギー性鼻炎の付き合い方なんですね。

アレルギー性鼻炎そのものを治す方法もある!

完全というわけではありませんが、
アレルギー性鼻炎そのものを治療する方法もあります。

もちろん先ほども申し上げた通りアレルギー性鼻炎そのものを治すものではありませんが、
体質を変えることで過敏なアレルギー反応をしなくなるということがあります。

まず僕たちがアレルギー反応しやすい体質になっているのは、
生活習慣や食生活にあります。

排気ガス、薬、歪んだ食生活など。

これらはアレルギー体質を生み出すものなんですね。

体にも免疫力のバランスがありまして、
アレルギーに反応しやすい体質、病原菌に反応しやすい体質にわけられます。

まずアレルギーに反応しやすくなると、本来体に無害である物質もアレルギーとしてみなして攻撃をし始めます。

アレルギーというと食物アレルギーが一般的なのですが、
花粉も本来は無害のものであるにも関わらず、体が勝手に「敵」と認識してしまったがために起こるものなので花粉症もアレルギー性鼻炎に当てはまります。

こうした空気が読めない体になってしまうのも僕たちが好き勝手に食べたい物を食べて、
排気ガスやPM2.5などの昔とは考えられないものを吸い込んでいるからなのかもしれませんね。

今現在、アレルギー性鼻炎に悩む方は非常に多く、

「花粉症なら前もって鼻炎薬を飲んでおこう!」

というのが定番になっています。

「このやりとりは一生治らないのですか?」

と思い、色々探した結果、アレルギーを改善させる方法というものがありました。

それが乳酸菌で体調を整えることです。

なぜアレルギー性鼻炎に乳酸菌が必要なのか?

アレルギーは体調の変化で起こりやすくなるものであり、
その引き金となるのがヘルパーT2細胞と言われるアレルギー物質を見つけて、
攻撃するよう指示を出す細胞になります。

この細胞の多さは人によって異なるもので、その調整を行うのが乳酸菌になるんですね。

もちろんヒトの体に元々いる乳酸菌であり、その名はアシドフィルス菌と言われています。

アシドフィルス菌はビフィズス菌と同じ体調を整えてくれる細菌の一種で、
唯一増えすぎたヘルパーT2細胞を消滅(アポトーシスと言います)させる力があります。

海外ではこのアシドフィルス菌のサプリが単体でも売られていますが、
最近ではこのアシドフィルス菌と同じ役割をする乳酸菌が多数見つかっており、
アトピーなどのアレルギー皮膚炎にも効果を出しています。

もっともアレルギーそのものを無くすことはできませんが、
症状を和らげることができるので1番注目されているのではないのでしょうか?

2017年12月13日 アレルギー性鼻炎の治し方とは? はコメントを受け付けていません。 アレルギー性鼻炎