鼻汁好酸球とは?

好酸球は白血球の一種で、
アレルギー反応を起こすと好酸球が増加します。

病院のサイトで「好酸球検査」があるのは、
好酸球の量を調べてアレルギー性鼻炎かどうかを
調べるためだそうです。

好酸球はアレルゲンを排除する他、
寄生虫や回虫の卵を排除する役割もあります。

現代社会は寄生虫や回虫がいなくなっていますので、
今ではほとんどアレルギー反応を調べる目安として
好酸球の量を調べます。

しかし、一つ問題があります。

好酸球はアレルゲンを排除しますが、
この時にヒスタミンやロイコトリエンを排出するので、
アレルギー疾患があれば大量に鼻汁が出たり、
鼻づまりになりやすくなります。

アレルゲンとは何ですか?

また好酸球が増加しすぎると特発性好酸球増加症候群と言われ、
心臓、肺、肝臓、皮膚、神経などの臓器を負担をかけて、
およそ2年ぐらいで死亡してしまうと言われるぐらい恐ろしい病気だそうです。

戦前、戦後の日本なら回虫も多いので好酸球の力が必要でしたが
今では家庭におかれた古ぼけた戦車のような存在なのかもしれません。

現状では腸内細菌(善玉菌)を増やせば
アレルギー体質が改善される見込みがあるために、
極端に好酸球は増えません。

善玉菌が大好きなオリゴ糖を含んだ食品(タマネギ、ゴボウ など)を
定期的に摂取していきましょう。