慢性副鼻腔炎で鼻づまりの原因は?

急性副鼻腔炎の場合、副鼻腔内で粘度の高い鼻汁が
何層にも溜まって鼻づまりになってしまいます。

慢性化した副鼻腔炎は鼻茸などのポリープで
通路を塞ぐために発生することもあります。

他にも抵抗力少なくなっていると過敏に反応するようになり、
ダニやホコリによる通年制アレルギー性鼻炎も引き起こし、
鼻の粘膜が腫れる鼻づまりも起きます。

粘度が高い鼻汁は
殺菌成分を含んだ薬を服用していけば治まりますが、
鼻茸などのポリープや粘膜の腫れは
ステロイド系点鼻薬で治していきます。

大きいポリープは、
どんなに血管収縮剤やステロイド剤でがんばっても、
鼻づまりは解消できません。

その場合は手術で切除する方法が有効です。

ただし、鼻づまりを解消してもまだ気は抜けません。

副鼻腔炎が完治しないかぎり、
鼻づまりが再発する恐れがあるからです。

鼻づまりが再発すると副鼻腔炎が悪化して元にもどってしまうので、
まずは鼻うがいや超音波吸入器で鼻の奥を清潔に保ってください。

さらに善玉菌を増やす事も重要です。

体内の悪玉菌が副鼻腔炎に影響しているので、
善玉菌を増やして菌のバランスを調整していけば、
免疫力と体力がアップして副鼻腔炎の治療につながっていきます。

最終的には薬がなくても生活ができるレベルまで頑張っていきましょう。