慢性鼻炎による後鼻漏を治す方法は?

慢性鼻炎による後鼻漏を治す方法は?

後鼻漏のような不快な症状は、
粘度性が高い鼻水がノドに降りることで発生しますが、
副交感神経を高めることで改善することができます。

どういうことなのかと言いますと、
人間誰でも鼻水が1日に1リットルも排出されており、
その時に応じて、鼻から出したり、ノドに流したりしています。

ノドに流れる場合、気づかずに鼻水を飲んでいることになるのですが、
この時に「粘度性が高い鼻水」かどうかで後鼻漏になるのかどうかが決まってきます。

実は後鼻漏にならない人の「粘度性が高い鼻水」は、
極限まで水に近い、むしろ唾液のようなものになります。

ではどうやって「粘度性が高い鼻水」から「水のような鼻水」になるのか?

それが副交感神経の活性化に関わっています。

副交感神経が活性化すると
顆粒球という白血球が減り、代わりにリンパ球が増殖します。

顆粒球はゴミや悪玉菌食べて勝手に爆発する白血球。
リンパ球は侵入したゴミや悪玉菌の弱点を調べ上げ、専用の武器を作る白血球。

どちらも体に必要な白血球なのですが、
顆粒球が爆発すると周囲に破片を飛び散らせるために
これが「膿」となってしまいます。

これが後鼻漏の原因になるんですね。

実は副交感神経の活性化で後鼻漏が無くなることに気づいたのは、
鼻炎の薬に関する書籍で抗コリン薬の効果を読んでいた時に気づきました。

抗コリン薬は水のような鼻水が絶え間なく流れ出て困っている人に、
一時的に止めるという効果があります。

水のような鼻水が出てくる時は朝起きた時に発生する時。

つまりもっともリラックスした状態になりますね。

では鼻水が垂れる症状はどうやって防ぐのか?

鼻水が垂れるのは、
異物が体に入ってそれを外に出そうとする生理現象です。

鼻うがいでしっかり洗浄できれば症状は治まります。

後は副交感神経の活性化。

寝る、風呂に入る、食事をするなど、
好きな事をやり続ければ副交感神経が活性化されて症状が和らぐでしょう。

2016年1月30日 慢性鼻炎による後鼻漏を治す方法は? はコメントを受け付けていません。 後鼻漏