アレルゲンとは?

アレルゲンとは体内に入って
アレルギー反応を引きおこす物質や成分の事だと言われています。

元々アレルゲンは鼻炎とは関係が無いそうです。

例えば花粉も本来無害なのですが、これもアレルゲンにもなります。

アレルゲンは体内に入ると良い物か悪い物かを判断する機関があり、
この時に「悪い物」と決めると排除するための抗体が作られます。

そうすると体内に悪い物が入ると
体全体に「悪い物が入った」注意信号を発生させます。

これがヒスタミンやロイコトリエンになります。

この時の細胞はヒスタミンやロイコトリエンを
大量に詰め込みパンパンに膨れ上がるので、
顕微鏡で見ると太って見えるから
「肥満細胞」と言われています。

この肥満細胞は先ほど作られた抗体が周りを覆い尽くし、
次にアレルゲンが付着した時に一気に放出する爆弾になります。

この爆弾は体内で大量に作られるのでアレルゲンがこの爆弾に触れると、
破裂して鼻汁で流しだしたり、くしゃみで吹き飛ばそうとして、
アレルゲンを体内の外に排出しようとするそうです。

なお最近分かったことは細菌やウィルスが
アレルギーを抑制する効果があると言われており、
滅菌や除菌で綺麗な日本はアレルギー体質になりやすいと言われています。

昔はもっとスギ花粉が多かったのに花粉症が少なかった事など、
色んな事が言われているようです。