副鼻腔炎(蓄膿症)に効く点鼻薬は?

点鼻薬にはステロイド系と血管収縮剤系の二種類に分かれます。

抗ヒスタミン薬を局所に噴射する点鼻薬もありますが、
最近はステロイド剤や血管収縮剤とブレンドして販売していますね。

副鼻腔炎の場合、アレルギー性鼻炎とは無関係の場合もありますので、
抗ヒスタミン薬がブレンドされている点鼻薬は無視してもいいでしょう。

他に、鼻づまりが無いけど、鼻汁が止まらない場合は、
血管収縮剤成分を含んだ点鼻薬は避けた方がいいでしょう。

血管収縮剤を何度も使うと腫れが大きくなりますので、
耳鼻咽喉科でしか治せなくなります。

ナファゾリンやオキシメタゾリンなど、
「ゾリン」と記載されている物は、たいてい血管収縮剤になります。

副鼻腔炎にはステロイド点鼻薬が効果的です。

市販薬なら「コンタック鼻炎スプレー」があります。

コンタック鼻炎スプレーは医療用医薬成分の
ステロイド点鼻薬と同じ成分で作られていますので、
他の市販薬に比べて効果的な点鼻薬になります。

パッケージに「季節性アレルギー専用」と書かれていますが、
副鼻腔炎の時に、同成分の「アルロイヤー」という点鼻薬を処方されましたので、
鼻づまりを解消するだけなら問題ないでしょう。

まずは医師と相談してステロイド系点鼻薬で徐々に治療していきましょう。