急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の症状の違いは?

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の違いは、
治療期間の長さにより呼び方が変わります。

まず急性副鼻腔炎は1週間程度で治ります。

原因は副鼻腔内に細菌が増殖して膿が溜まり、
それが鼻汁となって不快感が発生します。

鼻汁が止まらない、もしくは後鼻漏になり、
痰づまりや咳が発生し黄色の鼻汁がよく出ます。

例外として副鼻腔にカビが発生すると、
風邪よりもひどい症状になることがあります。

薬は抗菌薬をメインに
痰切り薬、炎症を抑える薬が処方されます。

次に慢性副鼻腔炎は急性副鼻腔炎の時に
殺菌して本来治っているはずなのに、
いつまでも鼻汁が止まらない症状です。

この時は透明か白の鼻汁がよく出ます。

白はまだ若干最近が残っているみたいですが、
透明になると細菌がいないのに鼻汁が止まらない症状になるので、
長期的な慢性副鼻腔炎を考えた方が正しいかもしれません。

この時に処方される薬はマクロライド系抗生物質になります。

少量の薬で確実に治す治療方法で期間は3ヶ月程度かかります。

これでも治らない場合「血管運動性鼻炎」と診断されて、
自律神経作用薬を処方されます。

長期的な慢性副鼻腔炎になると、
医師に不信感を抱いたり、なげやりになりますが、
慢性鼻炎はいきなり治らないので徐々に根気強く治療していきましょう。