アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の鼻づまりを解消する方法とは?

鼻づまりは鼻汁の塊がつまらせているのではなく、
鼻の粘膜が腫れて通り道を圧迫しているために、
起きる現象です。

この粘膜の腫れを抑えるには、
血管収縮剤点鼻薬か、ステロイド点鼻薬が有効です。

血管収縮剤は10数秒で早く効きますが、
連続して使うと効果が無くなり、
副作用で治りにくい鼻づまりを発生させます。

一方ステロイド点鼻薬は、
効果が現れるまでに一週間ぐらいかかりますが、
長く腫れを抑える点鼻薬です。

ステロイドと聞くと、
危なそうなイメージですが、
局所に使うだけなら副作用がほとんどなく、
安心して使えるのだそうです。

とりあえず、ステロイド点鼻薬が一本あれば、
鼻づまりが解消できますが、
あまりにも辛い場合は血管収縮剤も用意して、
上手く使っていく方法がベストでしょう。

息苦しい鼻づまりから解放されても
再発防止策も忘れてはなりません。

これを解消するためには「鼻うがい」が有効です。

鼻うがいは鼻の粘膜に付着したゴミを
水で洗い流すことができるので、
朝と晩の二回やるだけで、かなり症状が楽になります。

鼻うがいは副鼻腔炎にも有効ですが、
ホットシャワーの方が効果がある感じがあります。

鼻うがいをしばらく止めていると
くしゃみや鼻づまりが再発するので習慣化していきましょう。

ほかの記事をよむ。
点鼻薬性肥厚性鼻炎の場合はどうすれば?
鼻づまりを解消する血管収縮剤とは?