点鼻薬性鼻炎は市販薬でも有効?

血管収縮剤を多用すると、
逆に腫れが大きくなり戻らなく症状があります。

この病名を点鼻薬性鼻炎(薬剤肥厚性鼻炎)と言います。

血管収縮剤は腫れを抑え込むことができますが、
効果がきれるとゴムのように反動して更に膨れ上がります。

この状態を戻そうとして更に薬を使って、
なんとかしようとする人はは多く、
最終的には耳鼻咽喉科で
「どうしたらいいか?」と尋ねることになります

私も過去の体験から腫れが戻らくなくなり
耳鼻咽喉科で「どうしたら良いでしょうか?」と
恥ずかしい質問をした経験がありました。

薬の事は言わず、ただの鼻づまりだと言ったのですが、

「あっ、市販の点鼻薬を使っているでしょ?」

(バレテる・・・・。なんで分かるんだ??)

「その薬は二度と使っちゃだめだよ。」

(・・・・ハイ・・・。)

私の場合はステロイド点鼻薬に変更した以外、
とくに何もありませんでした。

当然市販薬は止められたのですが、
先生いわく、市販の点鼻薬を止めただけでは
腫れは収まらないとの事。

最悪な場合、手術で通り道を確保するかどうかの話になってくるそうです。

手術にはレーザー治療やアルゴンプラズマになりますが、
これでも治らない場合、粘膜の腫れを切除する手術になります。

まず近くの耳鼻咽喉科で相談して、
適正な治療方法で治していきましょう。